仮想通貨と未来

最近何かと話題の中心である仮想通貨。
身の回りの人との会話でも増えてきました。

投資している人いない人いるかと思いますが、僕は2017年の10月くらいから始めました。


ネットで見る限りは、普段は株など投資しない人も新しく参入している印象です。
現在、仮想通貨の市場自体が成長しており、基本的に価格は上昇し続けています。



ニュースなどでビットコイン・バブルとよく呼ばれていますが、他の投資されている資産に比べるとまだまだ小規模で、バブルと呼ぶには参入している人も数少ないようです。

僕の身の回りでやっている人も30人に1人くらいと、まだごくわずかで。
個人的にはこれからまだ大きく成長していく分野だと思っています。

 

仮想通貨を始めたきっかけ


仮想通貨を始めるきっかけは人それぞれかと思いますが、僕の始めるきっかけは、2つありました。


1 - 藤沢数希さんが発行されている金融日記のメルマガ
2 - たまたま知り合ったビットコインの開発に携わっているらしいアメリカ人の方との出会い



1 は恋愛工学のブームになった「ぼくは愛を証明しようと思う」という本をきっかけに、著者である藤沢数希さんのファンになりメルマガまで購読していたのが最初のきっかけでした。もともと金融系で活躍されていた藤沢さんのメルマガで仮想通貨のトピックも多く扱うようになってきて、自分も始めてみようとビットコインを購入しました。


2 の彼はおそらくビットコインの初期の頃から手伝いを携わっていて、僕がちょうどビットコインの本を読んでいる時に知り合うことができ、少しだけ話しました。実際にビットコインによってずいぶんと富を得ている印象でしたが、近くにこういう人がいるのは面白いなあと思い、関心を持つきっかけになりました。



最初は興味半分で、空からカネが降ってくる的な超楽観的な気分で初めたのですが、徐々に情報を調べるにつれて仮想通貨自体への興味が出てきました。(利益が出てなかったら興味を持っていたかは怪しいですが。)

 

仮想通貨の入門


ブログや本を読んだり、ドキュメンタリーを観たり、twitterも関連する人を多くフォローするようになりました。


仮想通貨関連の本


ドキュメンタリー


ブログやtwitter関連の情報は後日シェアします。




 

まだまだ勉強不足ですが、僕が興味があるのは、仮想通貨 (暗号通貨) の新しい通貨の面とそのシステム (ブロックチェーン)の面にあります。


暗号通貨と呼びたいのですが、仮想通貨の方がポピュラーな気がするのでそのままいきます。




新しい通貨の面


かつてゴールドの希少性を担保としていた紙幣が、国家によって担保され、そして今インターネットの普及とその流動性によって担保されようとしています。

これまでの紙幣のような中央集権の管理ではない、ネットのインフラが整った時代だからこそできる分散型管理の新しい通貨の創造です。

その新しい金融システムこそが仮想通貨と言えます。


世の中にインターネットが登場し、メールが登場し、スマホが普及したように、世界に広がっていくのは時間の問題で、いずれは世界共通の通貨になる、なんて未来がくるかもしれません。

またインターネットのように世界からどこでも利用できてしまうため、政府のコントロールさえ難しいと思います。
仮想通貨同士の決済が普及すれば、いずれは法定通貨との交換すら必要なくなるでしょう。

 

ブロックチェーン


仮想通貨は新しい金融システムという面が注目されますが、そのシステムのブロックチェーンこそが今後の世界を変える可能性があるとも言えます。

システム自体はドキュメンタリーを見れば、なんとなく分かるはずです。(僕の文章での説明は難しいので省略します。)


これまでコピー可能だったデジタルデータだったものが、ブロックチェーンのシステムにより、絶対的なオリジナルのデジタル資産に生まれ変わります。( 例えばビットコインのデータはそれぞれに所有権があり、コピーも改ざんもできない。分散型のブロックチェーンのシステムにより守られています。)


つまり今後はデジタルデータにあらたに希少性が付け足されるのです。
単純な話、アートでいうと、これからはデジタルアート作品もオリジナルの希少性を持つということです。

歴史上の有名油絵や彫刻などの一点ものが、オークションでは高値が付きますが、将来的にはデジタルアートにおいてもブロックチェーンを通して同じように高値で取引される未来が想像できます。


デジタル系のアーティストは金にならない、みたいな話はよく聞きますが、こうしたところからデジタルアートにとっても良いアート社会が築きあげていかれるのかもしれません。

 

これからの未来


正直な話、これからどうなるかは分かりませんが、開発されたばかりのインターネットを最初に手に入れてた時のような状態が、今だと思います。
まだ一般的に誰も日常生活で使いこなせてないし、何をやっていいか分からない。


ただ僕はIT革命以降の大きな革命になると思っています。通貨革命です。
フィンテック(ファイナンス + テクノロジー)と呼ばれる分野の成長にあたると思います。


正直、仮想通貨にこれだけの企業がすでに参入して、後には戻れない状態になりつつあります。
本来のビットコインのアイデアには反しますが、国家も仮想通貨を発行する国が出てきています。


新しい世の中がこうしたテクノロジーで生まれることを僕らの世代は身をもって知っています。
生活が変わり、習慣が変わり、人間の思考も変わってくる。

その革命を肌で感じたいと思っています。

 

最後に


仮想通貨・ブロックチェーン、その使われ方については、今年は投資も続けつつ、勉強していきたいと思っています。
まだまだ勉強中ですので、ブログに誤った情報を掲載することもあるとは思いますが、メッセージなどいただければ幸いです。
分散化した文章ですみません。


これから仮想通貨の投資を始める方への参考の記事も書いていきたいと思います。
現状私が仮想通貨の取引に使っている、取引所は下記の3つです。
おおよその主要コイン銘柄を買うことができます。

 

おすすめの取引所


 

bitFlyer

  • 初心者の方におすすめ
  • 日本円でビットコインを始めとする主要銘柄を購入することができます。
  • 銀行入金から・クレジットカードから購入可能です。



Coinbase

  • アメリカ在住の方におすすめ
  • 現在ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリウム・ライトコインを取り扱い中。
  • ドルでアメリカの銀行口座・クレジットカードで購入可能です。



Binance

  • 上記にの取引所にはない多くのコインを取り扱い中。
  • 中には草コインと呼ばれるまだ価格の安いコインもあり。
  • 円やドルで直接買うことができないため、CoincheckやCoinbaseで買ったものを最初に送る必要があります。
 
cryptocurrencytoru izumida