Christopher Willits at Knockdown Center

Christopher Willits

 

エレクトロニカとアンビエントの調合師、Christopher Willitsのライブに行ってきました。

 

 

Willitsはサンフランシスコを拠点に活動しているサウンド・アーティストで、2012年には坂本龍一さんとの共作〔Ancient Future〕もリリースしていたり、Tychoとも仲が良く、いつの間にか知ってしまったアーティストのひとり。

 

それ以来ずーと聴いています。

 

 

今回は新作アルバム〔Horizon〕のリリースライブで、場所はブルックリンに位置する、Knockdown Centerで行われました。

 

 

カーペットと無数のクッションが用意されており、これぞアンビエントライブの会場といった感じ。

みんな寝そべりながら、ゆったりと聴いていました。

 

 

3Dの音響システムを使ったスピーカーがいくつも用意されており、まさに音が空間を流動する新体験型ライブ。

 

 

自然音は一つの音源から発生すると思うのですが、

このシステムは人工的に音を動かしてして、スピーカーからスピーカーへと音源がゆるやかに移動していく。

 

 

それはすごく人工的なんだけど、同時にとても自然的な感じがしました。

 

 

音にささやき合われるような空間が心地よく、その中に自分がいる。

光の粒がゆるやかに流れては、まとまるような音楽。

 

 

 

新しい体験ができてよかったです。

この会場では4チャンネルだけど、12チャンネルの時もあるらしく、それは体験してみたい。

 

 

 

瞑想という言葉がまさにぴったりだった前作〔Opening〕から3年。

〔Opening〕は人生のベストアルバム10〔2017年現在〕に入るくらい好きで、ニューヨークの地下鉄や公園でずーと目を閉じて聴いていました。

 

 

〔Horizon〕これからじっくりと聴いていこうと思います。