Tycho at Brooklyn Steel

Tycho

先日5/3にTychoのライブに行ってきました。

おそらく2年ぶりのニューヨークでのライブ。

 

前回はマンハッタンにあるWebster Hallで「Awake」のアルバムツアーを観に行ったぶり。

その時初めてTychoのライブを見て感動したのを覚えています。

 

今回はグラミー賞のBest dance/electronic albumにもノミネートされた新作「Epoch」のアルバムツアー。

 

場所はブルックリンに今年できたばかりのBrooklyn Steel。

ブルックリンさながらの倉庫を改築したようなライブ会場で、これからかなり熱い会場になっていきそうです。

大好きなAnimal Collectiveなんかもライブをしていました。

 

「Epoch」は個人的に去年のベストアルバム。

Tychoはここ3年間でもニューヨークでずーと聴いている気がする。

地下鉄や外で屋内でなど、ニューヨークのいたるところで。その分いろいろ思い出もつまってる。

 

香りの次あたりに、記憶や感情をハッと思い蘇えらせる音楽は、ある時は便利だしある時はうっとうしくも思うけど。

ライブは本当に素晴らしかった。

サポートで入っているアジア系の人も何でもできて凄かった。

 

ビジュアルも今回用に新しく作られているものも、音楽にハマっていて素晴らしかった。

ただ普通のVJぽいの多くて、もっとTychoらしい映像でまとめれたら完璧なんだろうなとも思いました。

 

Tychoはシンセサイザーの音がなんとも特徴的で、癒されるんです。

何か一音聴いてこのアーティストだって分かることはきっと大切なんだと思います。

 

自分もそういう音を探して、趣味ですが音楽は作り続けていきたいですね。

musictoru izumida